バイアグラの歴史

バイアグラの成分シルデナフィルは1900年代に狭心症の薬として開発されていました。

 

大規模な臨床試験を繰り返したのですが、狭心症の薬としても効果は期待するほどではなく、試験は中止となったのですが被験者が薬を返還したがらないので、不思議に思った製薬会社が被験者に問い詰めたところ、発起効果のある事がわかり、1998年にアメリカから世界で初めてのED治療薬として発売になりました。

当初は「夢の薬」と言われ大騒ぎになりました。

日本でも個人輸入を通して、アメリカからバイアグラを購入する人が増え、その中にはバイアグラとの併用が禁止されているニトロを治療で使用している 患者などがおり、死亡事故なども起こって、このままではいけないと政府も考え、異例の早さでバイアグラを承認して、1999年に医師の管理下で処方による 薬として発売が開始されました。

バイアグラに関しては、事故が起きた事もあり日本での当時医薬品の承認ペースを考えると、かなり強引な承認となり各地から批判の声があがりました。

特い反対の多かった事項としては、性の乱れなどを指摘する団体が多く、その影響なのかどうかは分かりませんが、今でも日本で承認されているバイアグラは、25mgと50mgのみで、100mgに関しては今日でも海外から個人輸入するしかない状態です。

その後発売されているレビトラ、シアリス、などの20mgに関しては、バイアグラの100mgに相当する効果がある事もあり、バイアグラで同じ効果 を得るためには100mgを海外で買うか、日本で医者に50mgを2錠出してもらうかのどちらかの選択になり、コストを考えると、医者でのバイアグラの処 方はかなり高くつく事もあり、バイアグラに関しては、早い時期から個人輸入が進んでいました。

最近発売されたアバナフィルの200mgは日本ではまだ承認されていませんが、バイアグラの100mgよりも効果が高いと言われています。また阿部政権でも薬のネット販売を奨励する声が上がっていることを背景に、最近はクスリの個人輸入が増大しているようです。
バイアグラの発売当時は、飲んではいけない人がバイアグラを飲んで事故を起こしたこともあり、危ない薬として見られる傾向になった のでが、日本で承認され医者の処方の下で管理されるようになってから、バイアグラに対しての正しい知識も周知されるようになり、その後は目立った事故もな く10年以上経った今では安全な薬として受け入れられるようになってきています。