バイアグラの作用と副作用

バイアグラは、偶然狭心症の薬の開発のおかげで見つかったED治療薬ですので、最初の薬と言う事もあり副作用に関しては手探りな状態で進んで行きました。
最初に大きな副作用として、心臓病でニトロなとの硝酸剤を使用している人がバイアグラを飲むと、極端な低血圧になり体の細部に血液が届かな状態に陥り命の危険がある事は分かり、その後はどのED治療薬についても、ニトロを使用している人は飲んではいけない事になりました。
同時に、バイアグラを服用中に狭心症の発作を起こした場合には、応急処置のニトロが、帰って命を危ない状態に持っていくこともあり、バイアグラを使用している人は、パートナーにも万が一の事を考えて、自分がバイアグラを使用している事を伝えるように指導が始まりました。
今でも大きな副作用として、ニトロとの併用に関して、大きく警告が出されています。
バイアグラが、勃起をさせる仕組みは、海綿体に血液を送るのを阻害しているPDE-5酵素の働きを抑制して、海綿体に十分な血液を送る事で勃起をする仕組みになっています。
ですが、バイアグラには性欲を上げる効果はなく、あくまでも視覚的又は感覚的に性的な刺激があった時にのみ反応しますので、バイアグラを飲んでも何も性的刺激がありませんと、何も起こりません。
バイアグラは狭心症の薬として開発されその主な体に対する作用は、血管拡張機能になります。海綿体への血液の流入もこの作用の一部として行われています。
ハイアグラを服用した時に、この血管拡張作用は、海綿体にだけ起きるのではなく当然体全体に効果を及ぼします。
特に皮膚の表面に毛細血管が多い部分ではそれが副作用となって表れてきます。もっとも一般的なものに「顔の火照り」があります。顔は普段でも恥ずかしい事などあるとすぐに血管が拡張して赤のなるのと同じで、バイアグラを服用しますとが赤くなります。
た鼻の中も毛細血管の剥き出しにあっていますので、拡張しますと「鼻づまり」になってしまいます。
体全体でも各血管が拡張しますので、「何となく体全体が暑くなる」感覚も出てきます。
これらの副作用はだれにでも起き、血管拡張作用のある薬バイアグラが正常に働いている証拠でもあります。

正確に言いますと、副作用とは言えずどちらかと言いますと正常に作用している状態であると考えて下さい。もちろん個人差がありますので、これらの副作用の出方は個人によってだいぶ差がありますが心配は全くいりません。
視神経の血管に作用して、「物が青みがかって見える」症状がありますが、これも暫くの間ですぐに消えてしまいますので心配はいりません。
副作用で厄介なものは、「頭痛」です。
軽い頭痛でしたらいいのですが、重い頭痛になりますともうセックスどころではなくなります。鎮痛解熱剤を同時に服用してこれらの症状を抑えると言う方法もありますが、薬の上にまた薬の飲むのは決して体に良い事ではありません。
頭痛がひどい場合には、バイアグラの量を減らすか、違う薬に変更をしましょう。
また「動悸」などの症状が出る方も少ない確率でいます。動悸に関しては薬に慣れてきますと津城は収まりますので心配はいりませんが、動悸が酷くなって不整脈が出るようでしたら服用を中止して、医者に相談をしてみましょう。